田口翔4630万使い道ネットカジノは嘘?本当の使い道を特定!

田口翔 ネットカジノ 嘘 エンタメニュース

「田口翔4630万使い道ネットカジノは嘘?本当の使い道を特定!」と題して調査してみました。

田口翔さんが受け取った4630万についてネットカジノに使ったと証言されています。

果たして本当なのか嘘なのか?ネットでは嘘だと言われています。

嘘だと言われる理由は何なのか、はたまた4630万の本当の使い道はなになのか・・・気になる人も多いのではないでしょうか。

確かにネットカジノで全額すったとしたら、じゃぁ今後の生活はどうする訳?と思いますよね。

まさか生活保護を受給し続けるのでしょうか?

今後については追って別の記事で記載するとして、ネットカジノで使い切ったのが本当なのかどうなのか調査してみようと思います。

 

田口翔4630万使い道ネットカジノは嘘?

田口翔さんがネットカジノで使い切ったと証言していますが、果たしてどうなのでしょうか。

ネット上では「どうせ嘘だろう」と考えている人が圧倒的に多いです。

嘘だと思われる根拠をいくつか紹介していきます。

 

田口翔4630万使い道ネットカジノは嘘?:スマホを押収していたらできない

まずは田口翔さんがネットカジノをするにはスマホがないと難しいはずです。

ネットカジノとは、オンライン上のカジノなので何らかのネット環境がないとできないはずです。

仮にパソコンや2台目のスマホを持っていれば話は別ですが・・・

もしくは押収されているスマホを調べればネットカジノで使ったかどうかが判明するような気もします。

 

田口翔4630万使い道ネットカジノは嘘?:持ち逃げの言い訳で一番多い

二つ目の理由として、なにかお金を持ち逃げするときの言い訳としてネットカジノなどの賭博で使ったと言い訳をする人が多いそうです。

そういった情報を何らかの方法で得て、嘘をついている可能性もあります。

そう考えると誰かが入れ知恵をしているか、自分で情報収集をしている可能性が高いでしょう。

そうなるとネット環境や通信環境が全くないとは考えにくいです。

現に弁護士とは連絡が取れているというので、通信環境は整っていると考えられます。

つまりは2台目のスマホがあるという事でしょう。

そう考えると、言い訳をしているだけなのか、本当にネットカジノで使ったのか、なんとも言えないですね・・・

 

田口翔4630万使い道ネットカジノは嘘?:返還義務を免れるため

一番考えられる理由として返済義務を免れるためでしょう。

というのも、民放703条によると、不当に得た利益を遊興費に費やして現存価値が残っていない場合、返還義務を免除できる可能性もあるというのです。

とんでもない法の抜け穴ですよね。

ですが、あくまで善意の場合です。

つまりは不当利得だと知らない場合です。

ですが、誤って送金されたことは、職員の訪問を受けてすぐに分かっていたはずです。

という事は、誤って送金されたものだと分かっていながら全額使っているので返済義務を免れることはできないと思われます。

 

おそらくは4630万を全額ネットカジノでつかったとは考えにくく、他の使い道に充てていると思われます。

では本当の使い道は何なのでしょうか?

詳しく調べてみることにしました。

 

田口翔4630万の本当の使い道は?

では田口翔さんの受け取った4630万は一体なにに使われたのでしょうか?

筆者が考えるに、全額すべて使い切ってるとは到底思えません。

もし全額使い切ってるのであれば、それこそ今後の生活が立ち行かなくなるでしょう。

いくらか使ったものの隠し持っている可能性が高いのではないでしょうか。

では、何に使ったのか予想してみました。

 

田口翔4630万の使い道①借金返済

まず4630万うけとって何に使うかといえば借金返済ではないでしょうか。

そもそも、この4630万ですが、生活保護受給世帯がうけとる給付金でした。

生活保護受給世帯というと年収110万以下なので、お金には相当困っていたはずです。

なので長らく返済できていなかった借金返済に充てた可能性は非常に高いでしょう。

現に横領した理由として借金返済に使われることも非常に多いです。

 

田口翔4630万の使い道②仮想通貨に変換している

次に考えられるのが仮想通貨に変換している方法です。

コインチェックから仮想通貨のNemが流出する騒動がありました。

あるやり方をすれば、仮想通貨を「所有者不明のお金」へと変貌することができるんです。

そうして取り立てを回避しようとしているとも考えられます。

やり方としては以下の通り

  1. 資産をネットカジノで仮想通貨に変換する
  2. アドレスを複数経由してハードウェアウォレットに落とし込む

そうすることで取り立てを回避しようとしているのではとも目されています。

この場合、「ネットカジノで使った」のは本当ですが、「ネットカジノで全額なくなった」という訳ではないと考えられます。

 

田口翔4630万の使い道③生活費を隠し持っている

第一、4630万をそのまま全部つかいきるとは到底おもえないので生活費を隠し持っている可能性は高いでしょう。

そんなに全額投資して、それこそ一体何になるんでしょうか。

どうにかして返さないといけない、生活費もない・・・そうだ!ネットカジノに全額つぎ込んで倍にしよう!と考えるのでしょうか・・?

あまりにも現実味のないやり方としか思えません。

第一、不正に入手したお金を返すそぶりを見せながら少しずつ資金移動をして、「返せない」という姑息な手段を使っている訳です。

非常にずるがしこい行動をしている以上、何らかのズルをしていると考える方が自然です。

 

 

まとめ

「田口翔4630万使い道ネットカジノは嘘?本当の使い道を特定!」と題して調査してみました。

絶対嘘だと思っている人が多く、確かに嘘とも本当ともとれる話です。

では本当の使い道は何なのでしょうか?

おそらくは借金返済にあてて、仮想通貨に変換しているのでは?とも言われています。

仮にネットカジノで全額使ったのであれば、それこそ口座の履歴などを見ればすぐ判明するはずです。

口座の資金移動の開示ができるかどうかがカギになってくると思われます。

また新たな情報が入り次第追って追記していきます。

タイトルとURLをコピーしました