大谷翔平の身長高い理由は?両親は何センチで遺伝が原因?

大谷翔平 身長 高い 理由 大谷翔平
Pocket

大谷翔平選手とイチロー選手が並んでる写真を見て「えっ!?大谷翔平って何センチあるの!?」と思った方いないでしょうか?

 

まるでイチロー選手が小柄なように見えましたが、決してそんなことはありません汗。

 

大谷翔平選手の身長が高い理由は?その秘訣はどこにあるのでしょうか?

 

両親も同じくらい背が高くて遺伝が原因しているだけでしょうか?

 

そこで「大谷翔平の身長高い理由は?両親は何センチで遺伝が原因?」と題して紹介していきます。

 

大谷翔平の身長推移は?

 

めっちゃイチロー選手が小柄に見えますが、実はイチロー選手の身長は181cm。

 

それよりも頭半分以上大きいですが、一体何センチなのでしょうか・・・?

 

調べたところ、なんと大谷選手の身長は193cmで体重95キロ!

 

かなり体格もがっしりしてるし高身長だし、(そしてイケメンだし)天は何物与えてるのでしょうか汗。

 

でも顔が小さいから、リアルキャプテン翼だなと感じます笑。

 

ちなみにダルビッシュ有選手についても同じくらい背が高くて196cm。

 

お二人ともかなり背が高くてビビりますが、小学校の時から背が高かったのでしょうか?

 

身長の推移を見ていきたいと思います。

 

大谷翔平の小学生時代の身長は?経歴も紹介

大谷翔平選手の小学生時代の身長は、小学6年生の時にすでに167cm。

 

平均身長が145cmと考えると、学校の先生並みに大きかったことが伺えます。

 

かなり目立っていたんでしょうね~。

 

ですが、小学1年生の時は125cmで、平均身長が116.5cmと考えると、そこまで大きかった訳ではありません。

 

せいぜい平均で30cm程度伸びるところ、6年間で42cmも伸びるなんて、すごいですよね^^;

 

小学生時代の経歴

小学2年生から野球をはじめ、水沢リトルというチームに所属。

 

このチームですが、実は大谷選手の父親が監督を務めており、同じ実力であれば監督の子供は起用しないという方針だったため、圧倒的な実力をつけるべく猛特訓したそうです。

 

その甲斐もあって全国大会に出場。

 

小学6年生の時には球速120キロを出しており、当時の捕手が逃げ出すほどだったとか・・・苦笑。

 

小学6年生の球速が平均100キロなので、そりゃビビッて逃げ出すでしょうね・・。

 

ちなみに小学5年生にしてすでに球速110キロを出していたので、人並外れた能力の持ち主として、かなり有名だったのではないでしょうか。

 

大谷翔平の中学生時代の身長は?経歴も紹介

続いて大谷翔平の中学時代の身長ですが、中学3年生の時には180cmで、平均身長より15cmほど高かったそう。

 

もうこの時点で成人男性の平均身長172cmを優に越してしまってますね^^;

 

頭一つ分抜きんでていた事を考えると、かなり目立つ存在だったことでしょう。

 

とはいえ、どれだけ伸びたかといえば13cmほどで、伸びたといえば伸びてますが、20cmほど伸びるのが平均的。

 

伸びしろでいうと、そこまで身長が伸びなかったと言えますね(それでも十分高いですが・・・)

 

中学生時代の経歴
中学に入ってからは、一関リトルシニアに所属し、ここでも全国大会に出場しました。
ちなみにエピソードとして、中学1年生の時に鎌倉で行われた合宿で場外ホームランを出し、歩行者用の信号機を壊してしまったのだとか苦笑。
その時の推定飛距離は120メートル!
そして全国大会に出場した際にはアウト18個のうち17奪三振を記録。(リトルリーグは6イニング制なのでアウトは18個。)
この時から投球速度は130キロを出しており、すでにこの頃から二刀流の片鱗が見えてきてますね。

大谷翔平の高校時代の身長は?経歴も紹介

 

そして高校入学時の身長は183㎝、卒業するころには190㎝を超えていたそうです。

 

なおかつ入学時の体重が65キロだったのが、卒業時には85キロとすでに体が出来上がっていたことがわかりますね。

 

そして現在の身長が193㎝ということを考えても、高校卒業からそこまで身長は伸びてないことがわかります。

 

高校時代の経歴
高校は、野球の強豪校、花巻東高校へ進学します。
菊池雄星投手に憧れて進学を決意したそう。

1年生の夏までは、まだ骨が成長段階にあることから、ゆっくり成長の階段を上らせるとの監督の方針により、野手として起用されていました。

 

そして、1年生の秋からエースとして活躍、球速147キロをたたき出しました。

 

2年生の時に最速151キロの記録を出し、みちのくのダルビッシュと呼ばれ注目を集めるように。

 

そして野手としての活躍ぶりもすさまじく、高校3年の春の選抜で甲子園に出場した際には、大阪桐蔭の藤浪晋太郎からホームランを放ち注目を集めました。

 

そして高校三年生の夏には、アマチュア野球界初の160km/hを記録し大きな話題に。

 

それから現在に至るまで、投手としても打者としても、その活躍はとどまることを知りません。

 

大谷翔平の身長が高い理由は?両親は何センチで遺伝が原因?

 

そもそも身長が高い理由は両親の遺伝が原因なのでしょうか?

 

調べたところ、父親は182㎝で、母親も170㎝と高身長な家系のよう。

 

お兄さんとお姉さんもいらっしゃいますが、それぞれ187㎝、168㎝と二人とも背が高いですね!

 

そう考えると、大谷翔平選手の背が高い理由は、両親の遺伝によるところが大きいように思います。

 

ですが、遺伝だけではなく、本人の育ってきた環境も大きな要因の一つとなっています。

 

大谷翔平の身長伸ばし方は?ご飯が秘訣?

遺伝だけではない要因として、食生活と、過度なトレーニングを行ってこなかったことが挙げられます。

 

意外にも幼少期のころは食が細かった大谷選手。

 

普通だったら「もっと食べなさい!」とかつい言ってしまいたくなるところですが、大谷家ではそうしなかったそう。

 

「みんなで楽しく食事をする」をモットーに、無理にたくさん食べさせることもなく、家族でわいわいと食卓を囲んでいたそうです。

 

それから野球を始めたこともあるのでしょうが、小学生になってからは食事もモリモリ食べるようになり、牛乳を毎日1リットル以上飲んでいたとか!

 

牛乳のストックが何本あっても足りませんね苦笑。

 

そして高校の時には、ごはん10杯も食べるようになったとか・・・!

 

また、高校入学までは過度な筋力トレーニングはしてこなかったそう。

 

お父さんが野球チームの監督をしていたこともあり、まだ体が出来上がっていないときの過度なトレーニングは不要としており、高校入ってから本格的にトレーニングを始めたようです。

 

ダルビッシュ有選手(196㎝)についても同様だったそうなので、もしその時期に過度なトレーニングをしていたら今のような体格にはなっていなかたかもしれませんね。

 

まとめ

 

「大谷翔平の身長高い理由は?両親は何センチで遺伝が原因?」と題して紹介していきました。

 

両親からの遺伝もさることながら、食生活と過度なトレーニングをしてこなかったことが大きな要因とも言えますね。

 

小学生の時からめきめきと頭角を現し、現在ではメジャーリーガーに。

 

これからの活躍がますます期待されますね(^^♪

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました