渡辺裕之と原日出子の馴れ初めは?共演ドラマや映画CMを詳しく紹介!

渡辺裕之 原日出子 馴れ初め エンタメニュース
Pocket

今回は「渡辺裕之と原日出子の馴れ初めは?共演ドラマや映画CMを詳しく紹介!」と題して調査していきます。

渡辺裕之さんと原日出子さんは、芸能界きってのおしどり夫婦として知られていましたよね。

そんな仲の良い夫婦の馴れ初めや出会いはなんだったのでしょうか?

共演はあったのか、なども気になりますよね。

そこで渡辺裕之と原日出子の馴れ初めや、共演ドラマや映画CMを詳しく紹介していきます。

 

渡辺裕之と原日出子の馴れ初めは?

2人の出会いは、共演したドラマがきっかけでした。

そのドラマは1990年7月放送の「倉敷発夜行殺人列車」で、2人は恋人役を演じたんです

その頃渡辺さんは36歳、原さんは32歳でした。

当初原さんは渡辺さんの素っ気ない対応に良いイメージを持たなかったそうです。

その後移動での新幹線の中で渡辺さんが原さんに告白し、もうアプローチによって2人は恋人に発展したそうです。

積極的なアプローチなんて、渡辺さんの男らしいイメージどうりですね。

2人は1994年にめでたくゴールインし、原さんは子連れで再婚したのですが、渡辺さんは連れ子だった長女を実子のように可愛がってきたそうです。

 

渡辺裕之と原日出子の結婚のきっかけは?

そして結婚の決め手になったのは、原さんの手料理だったそうです。

渡辺さんは「胃袋を捕まれた」と語っていたそうです。

また原さんは渡辺さんの第一印象はあまり良くなかったとのことですが、渡辺さんは「原日出子さんはおふくろに似ている」と感じたそうです。

安心感や家庭的なところが決め手だったんでしょうね。

 

原日出子の元夫との離婚はなぜ?

渡辺さんとの結婚は、原さんにとっては2度目の結婚でした。

1度目の結婚の相手は、高校時代の同級生だったそうです。

1983年に元夫と結婚し、4年間の結婚生活の後に離婚されています。

その離婚の理由について、原さんは「若かったから自分の価値観に相手を寄せようとしてうまくいかなくなった」とインタビューで話しています。

原さんは始め離婚する意思はなかったそうですが、元夫から「別れたい」と言われ、別居の後に離婚となったそうです。

 

渡辺裕之と原日出子の共演ドラマは?

2人はおしどり夫婦としてだけでなく、役者同士としても固い絆があったそうですよ。

調べてみたところ、共演ドラマは出会いとなった「倉敷発夜行殺人列車」(1990年)以外はありませんでした。

 

渡辺裕之と原日出子の共演映画は?

2人は今年1月に公開された映画「ポプラン」でも、なんと夫婦役で共演したばかりだったんですよね。

「ポプラン」は「カメラを止めるな!」で有名な上田慎一郎監督の作品で、渡辺さんが「カメラを止めるな!」を大好きだったこともあり、原さんも監督からのオファーを快諾したそうです。

渡辺さんは「久々の夫婦共演」と大喜びしていたとのことなので、仲の良さが伝わりますね。

また2009年には短編映画「雪の花」にも夫婦役で主演していました。

普段一緒に生活しながら、仕事現場でも一緒なんて、仲良く信頼あってこそでしょうね。

 

渡辺裕之と原日出子の共演CMは?

渡辺さんと原さんが夫婦共演したCMといえば「カレーZEPPIN」がありました。

夫婦で落ち着いた会話をしている姿が、まさにいつもの風景といったところが良いですよね。

 

渡辺裕之と原日出子のその他共演は?

その他「徹子の部屋」でも、2016年に夫婦揃って出演していました。

3人の孫のいるおじいちゃんとおばあちゃんになったことを話していたお2人です。

また家族円満の秘訣を、「ありがとう、ごめんなさい、愛している」を必ず言うことと、何があってもハグをすることとしているそうです。

相手への思いやりと愛情を感じるエピソードですよね。

夫婦互いを採点すると、渡辺さんは原さんの事を150点! とベタ褒めだったそうです。

愛情が溢れていて、素敵な夫婦関係ですね。

 

まとめ

今回は渡辺裕之と原日出子の馴れ初めについて、共演ドラマや映画CMを詳しく紹介していきました。

出会いは1990年7月放送の「倉敷発夜行殺人列車」で、2人は恋人役を演じたことがきっかけで距離を縮め、4年後に結婚しています。

共演ドラマは「倉敷発夜行殺人列車」のみですが、映画では2009年「雪の花」と2022年「ポプラン」で夫婦役で共演しています。

またCMでは「カレーZEPPIN」で、仲の良い普段の2人の姿を見せています。

夫婦としても、仕事仲間としても、絆の強い2人なのが伝わりますね!

タイトルとURLをコピーしました