TOKYO MER赤塚都知事は心臓の病気で病名は?今後どうなるかネタバレ考察!

tokyo mer 赤塚 心臓 病気 ドラマ
Pocket

TOKYO MERもついに7話が放送され第二章に突入しました。

 

6話では、赤塚都知事が心臓を抑えるようなシーンがあり、どうしたのか心配になった人も多いのでは?

 

ただのストレスなのか、それとも心臓に何かしらの病気を抱えているのか非常に気になります。

 

病名は何で、まさか亡くなることはないと思いますが、今後どうなるのでしょうか?

 

そこで「TOKYO MER赤塚都知事は心臓の病気で病名は?今後どうなるかネタバレ考察!」と題して徹底考察してみました。

 

TOKYO MER赤塚都知事は心臓の病気?

 

赤塚都知事が胸のあたりを抑えるシーンが何度かありましたね。

 

左胸を押さえていたので、おそらく心臓に何らかの痛みが走ったか動悸がしたのかもしれません。

 

いずれにせよ、フラグの立て方から察するにただのストレスではないでしょう。

 

何らかの病気を抱えている可能性が非常に高いのではないでしょうか。

 

実は第一話から高輪先生の診察を受けているシーンがありました。

 

TOKYO MER赤塚都知事は高輪先生の診察を受けていた?

高輪先生は、東京海浜病院の循環器外科の先生。

 

循環器外科とは、心臓や血管を診察する科なので、赤塚都知事の病気は心臓や血管に関する病気だと容易に想像できます。

 

なおかつ、高輪先生と赤塚都知事は旧知の仲であり、昔から抱えている持病の可能性が高いのではないでしょうか。

 

また、赤塚都知事は喜多見先生と高輪先生が5年前に離婚していた元夫婦であることを知っていました。

 

その頃から関係があったとすれば、少なくとも2016年には発症していたと考えられるでしょう。

 

では具体的に、どういった病名なのでしょうか?

 

治療状況などから病名が何か考察していきます。

 

TOKYO MER赤塚都知事の心臓の病名は?

 

では赤塚都知事の心臓や血管の病名は何なのでしょうか?

 

大きく10種類ほど種類がありますが、この中のどれかだと推察されます。

 

  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • 大動脈瘤
  • 大動脈解離
  • 弁膜症
  • 心筋症
  • 心房中隔欠損症
  • 心臓腫瘍
  • 心不全
  • 不整脈

 

第一話の高輪先生による診察シーンを見ると、慣れたように診察し、慣れたように処方している様子が見て取れます。

 

やはり長い間、定期的に診察していると考えられるでしょう。

 

逆に考えれば、手術を行って完治するような病気ではないと言えます。

 

いわば持病のような側面が強い病気なのでしょう。

 

定期的に診察を行い、なおかつ投薬により症状が抑えられている状況から察するに、心筋症や不整脈の可能性が高そうです。

 

どちらも胸痛や息切れなどが症状として現れ、なおかつ薬で症状を安定させることが可能です。

 

突発的な発作などが起こらなければいいのですが・・・・心配ですね。

 

TOKYO MER喜多見の過去と関係がある?

 

ところで、この赤塚都知事の病気と喜多見先生の過去に関係があるのでは?と考えられています。

 

一体どういった関係なのでしょうか?

 

喜多見先生はアメリカで医師免許を取得しており、恐らくですが、医学生だったころに赤塚都知事を助けたのではないでしょうか。

 

赤塚都知事がアメリカで記者として働いていた時に、発作を起こして倒れたところ、たまたま居合わせた喜多見先生。

 

まだ医師免許は持っていなかったものの、目の前の患者を見過ごすこともできず、医療行為を行ったのではないでしょうか。

 

つまり無免許での医療行為・・・・現代版ブラックジャックともいえるでしょう^^;

 

やむに已まれぬ事情があったのでしょうが、おそらく無免許での医療行為がバレれば、TOKYO MER解体の危機に陥るでしょう。

 

ただ、自分の命を助けてくれた行動を、「あの事件」というのでしょうか・・・

 

そういった不自然さは残るため、断定こそできませんが、可能性としては十分考えられるでしょう。

 

TOKYO MER赤塚都知事は今後どうなる?

 

赤塚都知事は今後どうなるのでしょうか?

 

胸に手を抑えたまま、何事もなく最終回とは到底考えにくいですよね^^;

 

おそらく発作を起こして倒れるシーンは必ず発生するでしょう。

 

最終回が10話と考えると、8話か9話あたりで倒れるのではと予想されます。

 

助かるかどうか心配になりますよね^^;

 

とはいえ、これまで死亡者0を謳ってきたTOKYO MERメンバーの手にかかれば、きっと問題なく助かることでしょう。

 

そしてTOKYO MERは解体することなく存続し続けるのではないでしょうか。

 

搬送しながらオペができるなんて、本当に理想的なドクターカーですよね^^

 

まとめ

 

「TOKYO MER赤塚都知事は心臓の病気で病名は?今後どうなるかネタバレ考察!」と題して詳しく調べてみました。

 

おそらく心臓の病気の可能性が高く、心筋症や不整脈ではないかと考えられます。

 

赤塚都知事の体調面も気になるところですが、TOKYO MERがどうなるのかも非常に気になります。

 

これからますます目が離せませんね!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました