大谷翔平の年俸2022年はどうなる?今後いつ上がるか徹底予想!

大谷翔平 年俸 2022 どうなる 大谷翔平
Pocket

大谷翔平選手のメジャーリーグでの活躍が目まぐるしく、ベーブルースの再来とも言われていますね。

 

ここまで大活躍していれば、大谷翔平選手の2022年の年俸もさぞかしアップするのでは?と期待されますが、どうなるのでしょうか。

 

また調査してみると、意外にも安い年俸だという事が発覚し、今後いつ上がるのか気になります。

 

素人考えですが、二刀流で活躍しているんだから二倍でいいじゃん、なんていう話ではなさそうです(当たり前っちゃ当たり前ですが・・・^^;)

 

そこで「大谷翔平の年俸2022年はどうなる?今後いつ上がるか徹底予想!」と題して詳しく紹介していきます。

 

大谷翔平の年俸推移は?

 

まずは大谷翔平選手のこれまでの年俸推移を見てみたいと思います。

 

日ハムで活躍してから、エンゼルスに加入し、2021年までの年俸推移をまとめてみました。

 

大谷翔平の年俸・日ハム時代

年俸
2013年 1500万
2014年 3000万
2015年 1億
2016年 2億
2017年 2億7000万

(参照:日刊スポーツ

 

入団当初の2013年は年俸が低くて当たり前ですが、入団後常に年俸を更新し続けていますよね。

 

それだけ好成績を収めてきて、なおかつ球団からの期待も熱かったことが伺えます。

 

入団当初は正直なところ二刀流に対して懐疑的な人も多かったでしょう。

 

「どっちも中途半端になって終わりだ」と考えていた人も多かったのではないでしょうか。

 

にも拘わらず、今でも二刀流を貫き続けて、なおかつ好成績を残し続けている大谷選手・・・すごいなんて言葉では言い表せないぐらいですよね。

 

大谷翔平の年俸・エンゼルス時代(2017年~2021年)

年俸
2018年 54万5000ドル(約5720万円)
2019年 65万ドル(約6825万円)
2020年 70万ドル(約7350万円)
2021年 300万ドル(約3億1560円)

 

えっ!!2億7000万から5720万に下がってる?なんで??

その後、大谷選手本人の強い意向により、メジャーリーグへ。

 

ポスティングシステムによりエンゼルス入団が決定します。

 

とはいえ、メジャーに移籍するとなると、どの選手もたいてい年俸大幅アップするにも拘わらず、なぜか大谷選手だけ大幅ダウンしてしまっています。

 

年俸が安すぎる理由が気になりますよね。

 

調べたところ、メジャーに移籍した1年目が鍵となっているようです。

 

メジャーリーガーの年俸については労使協定で定められており、海外の選手がメジャーリーグでアメリカの選手と同じ扱いになるには、「25歳以上で、かつ自国内でのプロ経験が6年以上」という条件があります。

 

そう考えると、大谷選手が移籍した時23歳で、なおかつ5年目。

 

つまり、あと2年ほどプロ野球で活躍していれば、プロ扱いになったのですが、その条件をクリアしていないがためにマイナー契約となり、最低保証金額からのスタートとなってしまいました。

 

おそらく周りからも、もう少し後でもいいのでは?という話もあったに違いないでしょう。

 

それでも、高校卒業時からプロ野球よりもメジャーで活躍したいとの意向が強かったので、一刻も早くといった気持ちが強かったのではないでしょうか。

 

大谷選手からしてみれば年俸なんて二の次、三の次だったんでしょうね。

 

大谷翔平の年俸2022年はどうなる?今後いつ上がるか予想!

 

とはいえ2020年から2021年の年俸の上りしろを考えると、2022年も相当にアップするのでは?と考えますよね。

 

今のところ、2021年2月時点で、2022年の年俸は5億7860万で合意したと伝えられています。

 

2021年年俸は300万ドル(約3億1560万円)、2022年年俸は550万ドル(約5億7860万円)。

(参照元:full-count)

 

この公表があったのが、2021年2月時点ですので、いま現在の活躍を考えると、これで留まるとは到底思えません。

 

そしてエンゼルス側も引き留めに必死になることは間違いないでしょう。

 

2022年までの契約を破棄して、新たに契約を結びなおすことも考えられますが、少なくとも2023年には大幅アップした年俸を提示するのではないでしょうか?

 

その金額がいくらぐらいなのか予想していきます。

 

大谷翔平の年俸2023年以降に大幅アップか?

 

大谷翔平選手の年俸ですが、少なくとも2000万ドル(22億1100万)はあるのでは、といわれています。

 

キャンプ前に総額850万ドル(約8億9000万円)の2年契約で合意。今季年俸は300万ドル(約3億3200万円)、来季年俸は550万ドル(約6億880万円)と決まっているが、仮に来季契約が決まっていなかったら、果たしてどれほどの価値があるのか。

メジャー選手の契約に詳しい米球界関係者は「最低20ミリオンの価値はあるだろう」と驚愕の2000万ドル(約22億1100万円)と試算した。

(引用元:full-count

 

メジャー5年目にして約22億!!

 

現時点でダルビッシュ有選手が日本人選手で一番年俸が高く、2500万ドル。

 

その記録も越しかねない勢いですよね。

 

なにせ松井選手の記録を更新して、31号ホームランを打ったばかり。

 

これからの活躍がますます楽しみですが、年俸の推移も気にかかるところです。

 

新たな情報が入手でき次第、更新していきます。

 

 

大谷翔平の年俸が安すぎる?

 

大谷選手の年俸が少なくとも2023年以降は大幅アップするであろうことは想像に難くないですが、だとしても現在の年俸が低すぎると感じる方は非常に多いです。

 

冷静に考えて、打つ事も、投げることもできるんですから、やっぱり単純計算で2倍でいいんじゃね?という気がしてきます。

 

実は他の選手と比べると、かなり安い年俸であることが分かりました。

 

1位:M・トラウト(エンゼルス/CF/29歳)
3711万6666ドル(40億4571万円)
2位:N・アレナド(カージナルス/3B/30歳)
3500万ドル(38億1500万円)
3位:M・マチャド(パドレス/3B/28歳)
3200万ドル(34億8800万円)

 

同じくエンゼルスのトラウトと比べると、年俸が現時点で10分の1・・・!

 

昨今の活躍ぶりを見ると、これは破格というか、お値打ちすぎる年俸だと言えるでしょう。

 

現在の活躍ぶりから2023年以降、フリーエージェントになれば10年間最低でも3億ドル(320億円)はくだらないだろうと言われています。

 

それだけの価値があると信じてる方も非常に多いでしょう。

 

とはいえ、エンゼルスの懐事情もかかわってくるので、現実になるかどうかは定かではありません。

 

また新たな情報が入り次第、更新していきます。

 

まとめ

 

「大谷翔平の年俸2022年はどうなる?今後いつ上がるか徹底予想!」と題して調査してみました。

 

2022年の年俸は、現時点で5億7860万ですが、遅くとも2023年には22億円になっているのではないでしょうか。

 

今後の活躍にかかっていると思いますが、これからもケガをすることなく、ずっと活躍する姿を見ていたいですね。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました