ドラゴン桜2主題歌なしの理由は?なぜキンプリじゃないか徹底考察!

ドラゴン桜2 主題歌なし なぜ ドラゴン桜2
Pocket

ドラゴン桜の続編として、ドラゴン桜2が15年ぶりに放送されるという事で、主題歌が誰になるか気になっていた人も多いのではないでしょうか。

 

前作では、出演者の一人である山Pが挿入歌を歌っていたこともあり、主題歌や挿入歌をキンプリが歌うのでは?と期待していた人も多いはず。

 

ところが、ふたを開けてみれば、まさかの主題歌なし!

 

「えっキンプリじゃないの?」とあっけにとられた方も多いのでは?

 

そこで「ドラゴン桜2主題歌なしの理由は?なぜキンプリじゃないか徹底考察!」と題して詳しく調査していこうと思います。

 

ドラゴン桜2主題歌なしの理由は?

 

ドラゴン桜の主題歌は誰なのか?放送前はかなり予想合戦が繰り広げられていましたね。

 

特に有力だったのがキンプリ。

 

キンプリの新曲の曲名が未定だったこともあり、「これこそがドラゴン桜の主題歌なのでは?」と非常に話題になっていました。

 

そしていざ公表されてみると、PVがかっこいいにはカッコいいのですが、なにせドラゴン桜っぽくない・・・苦笑。

 

おそらく違うだろうな、と言われていた矢先にドラゴン桜2の放送が始まり、案の定、主題歌なしとなっていました。

 

その理由は何なのでしょうか?詳しく調査していこうと思います。

 

ドラゴン桜2主題歌なしの理由は監督?

 

ドラゴン桜2の監督ですが、半沢直樹を手掛けたことで有名な福澤克雄監督です。

 

特に初回放送時は、ヤンキー2人を懲らしめるような勧善懲悪的な話の展開に、半沢直樹感がひどいと良くも悪くも話題になりましたね。

 

そんな半沢直樹についても主題歌はなく重厚なテーマ曲となっています。

 

福澤監督の意向もあるのですが、主題歌がない理由は二つあげられます。

 

物語の没入感を高めるため

まず一つ目の理由ですが、物語に没入してほしいとの思いが込められています。

 

主題歌が流れ出すことによって、どうしても主題歌に耳がいってしまったり、集中が途切れることもありますよね。

 

心理学的な観点から見ても、主題歌がない事によって、より高揚感が高まりやすいと言います。

 

特定のシーンで主題歌が流れないことによって、それぞれの視聴者が自分のタイミングでドラマの盛り上がりを体感できます。

感動や憤りを覚える場面が人と違っても問題ないし、ストーリーについていろいろと考えたり、登場人物との連帯感を作り上げる効果もある。

もちろん、主題歌があることによる感動も大きいが、主題歌がない方が自らの体験をドラマと重ねやすく、高揚感が強く長く継続する可能性があります

(ameblo記事より引用)

 

確かに、主題歌がよっぽど素敵であれば、より効果的な面もあるでしょうが、ドラマにイマイチそぐわないような主題歌だと逆に興ざめするようなリスクはあるかもしれません。

 

逆に歌が入らないことによって、余計な雑念が入ることもなく、よりドラマを引き立てるような効果があるのでしょう。

 

視聴者層が異なるため

そもそもの視聴者層が前作と異なると言われています。

 

前作は金曜ドラマの枠で、より若い視聴者向けとなっていましたが、今回は日曜ドラマ枠ということもあり、若い視聴者以外にも社会人や親子などが見る枠ということもあり、より重厚な作品作りにしているそう。

 

前作と同じような青春群青劇にしていくが、どちらかといえば日曜劇場寄りにしていく意向のようですね。

 

確かに、元教え子の米山のはかり事など、勉強シーン以外の要素も含まれていますよね。

 

ドラゴン桜2主題歌なぜキンプリじゃないか理由は?

 

主題歌がない理由が、先ほど挙げた2点であれば、キンプリじゃなかった理由も自ずと分かるのではないでしょうか。

 

日曜劇場の視聴者層ですが、主に30代~40代が多く、男性視聴者も多いとのこと。

 

そう考えると、女性に人気のキンプリの主題歌を流すことが得策ではないと踏んだ可能性もあります。

 

何よりも福澤監督としては、半沢直樹の成功事例があったことから、主題歌なしにする意向が最初から強かったのではないでしょうか。

 

ドラゴン桜2主題歌なしの視聴者の声

 

主題歌がないことへの視聴者の反応ですが、ガッカリする声もあれば、これはこれでアリだと受け入れる人もいて、賛否両論。

 

 

 

 

 

「主題歌がないのが気にならないぐらい面白かった」という人もいれば「主題歌がないのが寂しい」と感じる視聴者もいて、ほぼ半々なような気がします。

 

個人的には主題歌がないドラマも増えてきているので、特に違和感は感じなかったです。

 

ちなみに前作の主題歌を懐かしむ声が非常に多かったです。

 

 

非常にいい歌なんですが、確かに、これは日曜劇場の主題歌っぽくはないですよね・・・^^;

 

 

ドラゴン桜2オープニング曲の作曲家は誰?

 

主題歌の代わりにメインテーマが流れていますが、これがなかなかにカッコいいと非常に好評です。

 

作曲家は誰なのか調べたところ、木村秀彬さんという方だそう。

 

数々のドラマやアニメの楽曲など手掛けており、提供曲をいくつか紹介します。

 

  • 絶対正義
  • ブラックペアン
  • コウノドリ
  • ドロ刑-警視庁捜査三課-
  • グランメゾン東京
  • 未満警察 ミッドナイトランナー

 

発売日はいつなのか?紹介していきます。

 

ドラゴン桜2オープニング曲の発売日はいつ?

ドラゴン桜2のオープニング曲アルバムですが、発売日は6月9日となっております。

 

また発売日を前にアップルミュージックで先行配信されています。

 

 

オーケストラ好きとしては、たまりませんね~!カッコいい!

 

疾走感があって躍動感があって、下手に歌詞がない分、いろんな解釈ができますね。

 

個人的には主題歌なしで正解だったようにも思います。

 

まとめ

 

「ドラゴン桜2主題歌なしの理由は?なぜキンプリじゃないか徹底考察!」と題して詳しく調査していきました。

 

主題歌なしについて賛否両論あるものの、日曜劇場っぽくて、これはこれでアリなのでは?という気もします。

 

特にメインテーマ、フルで聞いてみるとまた一味違いますし、受験前に気分高揚させるのにもってこいじゃないでしょうか。

 

ドラゴン桜2ももう折り返しで寂しい限りですが、どんな風に話が進んでいくのか、今後も目が離せませんね。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました