奄美大島の太陽と月の入れ替わり伝説とは?天国と地獄ロケ地はどこ?

Pocket

奄美大島の太陽と月の入れ替わり伝説の内容についてまとめてみました。

 

日曜劇場「天国と地獄」がいま非常に話題になっていますね。

 

第一話では、日高を捕まえようとした彩子が、一緒にもみくちゃになって階段から転げ落ちることによって魂が入れ替わってしまいました。

 

その後、第二話で「再度階段から転げ落ちたら入れ替われるのではないか」と考え、試みてみるも、結局入れ替わりができなかった日高<彩子>。

 

彩子<日高>は入れ替わりの方法について知らないと言っていましたが、第二話の最後の方になって奄美大島で、太陽と月が入れ替わり伝説があるそう。

 

どんな伝説なのでしょうか?また天国と地獄の第一話冒頭でも出てきたロケ地についても調べてみました。

 

奄美大島の伝説・太陽と月の入れ替わりって?

 

 

一体どんな伝説なのでしょうか?

 

あらすじを調べてみました!

 

奄美大島の太陽と月の入れ替わり伝説あらすじ

 

空を照らしている太陽と、夜の闇を照らしている月がいました。

 

太陽と月はあるとき、夜寝る前にこんな約束をしていたそう。

 

今夜、太陽か月のどちらかの上にシヤカナローの花が咲いてるほうが、昼間の太陽になる」と。

 

そして、夜になりました。

 

ふと太陽が、月のおなかの上を見ると、シヤカナローの花が咲いてるではありませんか。

 

このままでは月が太陽になってしまう」そう考えた太陽は、こっそりと月のおなかの上に咲いていた花を自身のおなかの上に植え替えてしまうのです。

 

それから太陽が昼間に出るようになり、月は夜に出るようになったという。

 

太陽が、こういった姑息な手段を取ってしまったから、人から直視されないようになってしまい、逆に月は誰もがいつまでも見ていられる姿をしているのです。

 

とても幻想的な逸話ですよね。

 

特に、太陽が直視できない理由って、なるほど後ろめたいからなのか~・・・と納得してしまいました。

 

どちらかと言えば夜の月の方がミステリアスで謎めいているからこそ、なんとなく後ろめたそうな気がしますが・・・とても興味深いですね。

 

太陽が日高で、月が東朔也という隠喩

 

天国と地獄の第9話が放送され、東さくやが印象的なことを言っていました。

 

「15分ほど先に生まれてきさえしなければ、俺はお前の人生を歩んでいた」と。

 

若干そうはいっても、そうとも言い切れないでしょう・・・と思うのですが、太陽と月の伝説は、まさに二人の関係と言えるのではないでしょうか。

 

本来は月が太陽であるべきで、太陽が月であるべきだったと。

 

お兄さんからすれば、自分(=月)こそが太陽であるべきだったんだと。

 

そういう事が言いたかったのではないでしょうか。

 

シヤカナローの花は実在するの?

シヤカナローの花ですが、実在するのでしょうか?

 

なんとなく月下美人っぽい花のような気がします。

 

シエカナロー

 

(↑参照:月下美人の花)

 

一体「シヤカナローの花ってどんな花なのか」気になりますよね。

 

調べたところ、残念ながら実際にはない架空の花のようです。

 

ちなみに、伝承地はどこかといえば鹿児島県大島郡喜界町。

 

アクセス方法としては、島外から喜界島への直通便はなく、鹿児島空港か奄美空港経由して飛行機で行くのが最速ルートとなります。

 

 

とってもキレイな海!海好きとしてはたまりませんね。

 

コロナが落ち着いたら行きたいとの声がたくさん聴かれました。

 

天国と地獄・第一話冒頭のロケ地は?

 

第一話の冒頭、彩子がとある場所の海岸で立っているシーンからスタートします。

 

その後、殺人を犯す日高のカット。

 

そして次の瞬間、日高が石で彩子を殴り殺そうとするシーンでハッと目が覚めます。

 

彩子の夢だった・・・というシーンでしたが、この時点ですでに何か示唆するものがありますね。

 

とてもミステリアスで印象的なシーンでしたが、こちらのロケ地も奄美大島。

 

ホノホシ海岸という所のようです。

 

 

なんと、ここの石、とても丸くて綺麗な石なのですが持ち帰ってはいけないと言われています。

 

何故かというと、石には一つ一つ霊が込められていて、持ち帰った人には様々な災いが降りかかるそう・・・。

 

もしかして、この石がキーワードになるのでは・・・?

 

ドラマネタバレ:第三話あらすじ

 

魂が入れ替わってしまった二人。

 

彩子<日高>は、お見舞いに来てくれた八巻に対して、先ほどの太陽と月の入れ替わり伝説について話すシーンがありました。

 

その話を聞いた日高<彩子>が、シヤカナローの花がヒントになるはずと思い奄美大島に向かうそうですが、そもそもシヤカナローの花自体、空想上の花なので・・・一体どうなるのか?

 

おそらくホノホシ海岸に向かうと思われるので、シヤカナローの花ではなく、ホノホシ海岸の石がキーワードになるのでは・・・?と思いますが、どうなるのでしょうか。

 

また第三話では奄美大島で日高にまつわる意外な足跡を掴むようです。

 

日高は実は奄美大島出身で、そこで何らかの秘密がわかるのかな?と思いますが・・。

 

全く展開が読めませんね汗。

 

>第三話ネタバレ!真犯人は誰なのか??

 

まとめ

奄美大島の伝説・太陽と月の入れ替わりって何なのか、入れ替わる方法について調査中ですが、分かり次第追記していきます。

 

第一話冒頭のロケ地も奄美大島なので、おそらくその海岸に向かうと推察されます。

 

おそらくは太陽と月の入れ替わり伝説が、天国と地獄の魂の入れ替わりに大いに関係してくると思いますが、今のところまだ分かりません。

 

そして第二話の最後の方で、やっと八巻が日高と望月が入れ替わったことに気づいてくれましたね^^

 

でも、彩子<日高>がきっと気づく気がするので、八巻が無事かどうかが心配になってしまいます汗。

 

これからの展開もますます気になりますね!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました