羽生結弦の引退いつ?引退したらコーチ転向の真相は?

羽生結弦 引退 いつ エンタメニュース
Pocket

「羽生結弦の引退いつ?引退したらコーチ転向の真相は?」と題して調査してみました。

羽生君のコメントを読んでいると、もう満足気でいつ引退してもおかしくないような話しぶりですよね・・・。

悔しそうなそぶりもないし「もうこれで満足」とでも言いたそうな・・。

羽生結弦第一章が終わったかのような印象を受けます。

引退したらコーチ転向の噂もありますが、真相はどうなのでしょうか・・・

詳しく調べていきたいと思います。

 

羽生結弦の引退いつ?

羽生結弦選手の引退も近いのではないかと噂されています。

というのも4回転半が飛びきれなかったにも関わらず、それも含めて、天と地とというプログラムなんだろうと言い切る姿。

何とも切なく感じると同時に、もう羽生君の中では満足してしまったのかなぁ・・・と、なんとも言えない気持ちになります。

天高く舞い、鋭く回転したが、着氷することができずに転倒。

だが、夢舞台で歴史にその名を刻んだ。

国際スケート連盟(ISU)大会で、史上初めて4回転半として認定された。

羽生のこの日の超大技は、4回転半の回転不足(アンダーローテーション)となり、基礎点12・5点のうち80%の10点となった。

実戦初投入の昨年末の全日本は、北京よりも回転の足りない着氷でダウングレードと判定され、基礎点は3回転半の8・0点だった。

「明らかに前の大会よりも、いいアクセルを跳んでいましたし。もうちょっとだったなって思う気持ちも、もちろんあるんですけど、でも、あれが僕の全てかなって」

4回転サルコーでも転倒したが、演技後半の2度の4回転トーループを決めるなど、最後まで懸命に「天と地と」を舞った。

「ミスしないってことは大切と思いますし、そうしないと勝てないのは分かるんですけど、でも、ある意味、あの前半2つのミスがあってこその、この『天と地と』という物語が、ある意味できあがっていたのかな」

両手を突き上げたフィニッシュ。数秒間、天をみつめた。五輪3連覇には届かなくても、羽生は歴史にその名を刻んだ。

(引用元:4位の羽生結弦「あれが僕の全て」4回転半は転倒も世界初認定「もうちょっとだったな」(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース)

実は、平昌五輪の前から引退について語る一幕もありました。

2015年8月には「ソチで金メダルを取って、平昌で取って終わり」と発言する一幕も・・・

しかし、その4日後には引退発言撤回されたので、引退時期は未定となりました。

その後もケガに見舞われたり、思ってたほど点が伸びなかったり・・・苦しい時期が続いてたかと思います。

「もう辞めちゃおうかと思った」ほど精神面でもギリギリだったのでしょう・・。

なおかつ、進退については、ゆっくり考えたいと発言されています。

【北京共同】フィギュアスケート男子で3連覇を逃し、4位に終わった羽生結弦(ANA)はフリー終了後、進退について「少し考えたい」と語った。

(引用元:フィギュアスケート男子で4位の羽生結弦 進退は「少し考えたい」と語る – ライブドアニュース (livedoor.com)

まだ若く見えますが、27歳ですもんね・・・。

4年後のミラノオリンピックの出場も気になりますが、どうなるのでしょうか?

 

羽生結弦ミラノオリンピック2026出場の可能性は?

気になるのが4年後のミラノオリンピックですよね。

その時には、羽生選手は31歳。

宇野昌磨選手は28歳、鍵山優真は23歳。

宇野昌磨選手と鍵山優真選手は、まだ年齢的にも出場できる年齢だろうなとは予想が付きます。

31歳という年齢を考えると厳しいでしょうし、そこまでモチベーションを保ち続けるのも、並大抵の精神力では済まないでしょう。

ですが、10代から第一線で活躍しつづけてきて、3回目のオリンピックに出場して、それだけでも誰にもできない偉業でしょう。

それだけ羽生選手の精神力はすさまじかったと思います。

ですが、31歳という年齢を考えると、難しい気はしないこともないです・・・。

現に、高橋大輔選手は、ソチオリンピックを最後に引退を発表しています。

引退後、どの選手も様々な道に進まれてますが、羽生結弦選手はどうなのでしょうか?

一部ではコーチ転向では?とも噂されているようです。

 

 羽生結弦引退したらコーチ転向?

羽生結弦選手は全快の平昌オリンピック後に、引退後の去就について発言をしています。

まだ英語ももっと勉強しなきゃいけないけど、世界中、色んなところを周りながら、スケートで本気で1位を目指している人の手助けができたらと思う」と、

僕も日本でやって、カナダで練習して色んなことを学べたし、幸い選手としてフィギュアスケートという競技で1番上のところまできたと胸を張って言える。そういう経験を伝える仕事ができたらと思う

おそらくは、テレビでコメンテーターなどで活動するよりは、コーチや指導者のような立場を考えているのかもしれませんね。

まして日本だけでなく、世界各地での活動を考えているそう。

羽生選手がコーチとしてキスクラに臨んでる姿を想像したら・・・

それだけで涙が出ちゃいそうですね。

きっと技術面でも精神面でも素晴らしいコーチになるのだろうなと思います。

 

今はまだオリンピックが終わったばっかり。

メダルは取れなかったかもしれませんが、競技者として、果敢に挑む姿に本当に感動しました。

まだまだ競技者としての羽生結弦を見ていたい気持ちもありますが、しばらくは体を休めて、ゆっくり考えてもらいたいですね。

 

羽生結弦引退に世間の反応は?

8位から4位って、やっぱりすごいよ!引退しないで欲しいけど、休んで欲しい気持ちもあるし・・・

まだ羽生くんを見ていたいから、引退しないで欲しいよ~!

なんだか真央ちゃんと同じようなものを感じてしまう・・・。

ジャンプを進化させてなんぼってとこが本当にかっこいい!メダルを取るためなら、もっと保守的な構成でも全然とれたんだと思う。

それでも自分のために4Aを飛ぶことを選んだ。カッコよすぎるよ・・。

 

様々な反応があるものの、なんとなく引退しそうな雰囲気を感じている人が多数ですね・・・。

とはいえ、まだまだ羽生選手から何かを明言された訳でもないので、まずはゆっくり休んでもらいたいですね。

本当に本当に、お疲れさまでした!といいたいです。

 

まとめ

「羽生結弦の引退いつ?引退したらコーチ転向の真相は?」と題して調査してみました。

安堵した表情が、なんだか、いつ引退してもおかしくない表情で、とても寂しく思ってしまいます・・・。

できれば最後4Aを成功させてほしい!と祈ってしまいます・・。

コーチに転向したら、きっと素晴らしいコーチになる事、間違いなしでしょうね。

これからも応援しています!

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました