ハロウィンの花嫁の安室口パクのセリフをネタバレ解説!

ハロウィンの花嫁 安室 口パク 内容 名探偵コナン
Pocket

今回は「ハロウィンの花嫁の安室口パクの内容をネタバレ解説!」と題して調査していきます。

コナンシリーズの警察学校組が活躍する「ハロウィンの花嫁」が公開されていますね。

名探偵コナンの劇場版第25作目、4月15日の公開から3日間で、動員が132万人、興行収入19億円を突破しています。

予告動画での「安室の口パクシーン」、皆さん気になったようで話題となっていましたね。

しかし見に行った方の感想から、「全然わからなかったー!」「なんであのセリフ?」といった疑問の声が続出しています。

ここではハロウィンの花嫁の安室口パクの内容をネタバレ解説してきます。

 

ハロウィンの花嫁の安室口パクのセリフは?

話題の予告動画は、爆発するヘリコプターに向けて走りながらコナンに向けて発したセリフです。

「後は頼んだよ、〜〜〜」
一瞬音声がなくなり、安室の声〜〜の部分は聞こえなくなります。

そしてヘリコプター目掛けて、屋上へ飛び出します。

コナンが「安室さーん!」と叫ぶという、一連のシーンでした。

口パクなんて、気になりますよね。

なんと安室は言っていたのでしょうか。

 

ハロウィンの花嫁の安室口パクのセリフ予想は?

安室の口パクが何か、Twitter上での予想をまとめてみました。

ん〜?4文字ってことくらいしかわからない。。

やはり工藤新一って言ってない?

「松田」って見えるんだけどー?みんなはわかる?

予想をまとめたところ多かったのが次の3つでした!

・松田
・コナンくん
・工藤新一

皆さん、何回も見て予想していましたよ!

映画を楽しみにしている気持ちが伝わってきますね。

 

ハロウィンの花嫁の安室口パクのセリフは「下で待っててくれ」

では映画本編では、安室はなんと言っていたのでしょうか。

答えは「下で待っててくれ」と言っていました。

このシーンはクライマックスに登場し、結婚式場がある渋谷ヒカリエの屋上が舞台でした。

屋上からヘリに乗って真犯人が逃亡しようとするのを追いかけようと、安室はこのセリフを発し屋上から飛び降りるのでした。

 

ハロウィンの花嫁の安室口パクのセリフ意味とは?

ではこのセリフにはどんな意味が込められていたのでしょう。

ネット上の意見を参考にまとめてみました。

 

ハロウィンの花嫁の安室口パクのセリフ意味は信頼関係

実はこのシーン、警察学校組である諸伏景光のセリフとリンクしているんです。

3年前の爆弾事件の際に、爆弾処理を1人で引き受けて避難を命じた松田陣平に対して「下で待ってるから」と諸伏景光が言ったのでした。

「下で待ってるから」と「下で待っててくれ」。

意味合いが少し違いますよね。

このセリフ、仲間に対する信頼の気持ちが込められた重要な言葉だったんです。

このセリフが言われたシーンを思い出してみましょう。

 

諸伏景光が「下で待っててくれ」と言った理由

このシーン、実はめちゃくちゃ緊迫感のあるシーンだったんですね。

松田が爆弾処理を一人で引き受けるも、時間的にはギリギリ。

その時に諸伏景光が、「下で待ってるから」を松田に対して言っています。

つまりは、松田なら爆弾処理を絶対成功できると信頼しているからこそ、下で待っているから、と発言したものと思われます。

 

これと同じように安室がコナンに対して「下で待っててくれ」と言ったということは、安室がコナンに対しても同じような信頼の気持ちを込めているという意味なんです。

「ハロウィンの花嫁」は信頼関係をテーマに、仲間と協力し合うストーリーを描いている作品なんでしょう。

 

ハロウィンの花嫁安室の口パクの意味に対する反応は?

ネット上では、この口パクに込められた意味に対して、感動の声が続出しています。

安室さんとコナンくんの信頼関係半端ない…!!

コナンくんと降谷零の信頼関係〜!!警察学校組ってなんでこんなにエモいの…。最高じゃん。

降谷さんの、警察学校時代の同期のエピソードはもちろんのこと、何よりゼロの執行人からさらにコナンくんと降谷さんの信頼関係がより強まっていて…もうもうもう!

口パクの意味に気づいた方は、2人の関係性に嬉しくなっちゃいますよね。

 

まとめ

「ハロウィンの花嫁の安室口パクのセリフをネタバレ解説!」と題して調査してみました。

口パクの内容は「下で待っててくれ」でした。

このセリフは仲間に対する信頼の気持ちが込められた重要な言葉で、安室がコナンに対しての信頼を込めたセリフです。

意味に気づいたファンの方から、感動の声がたくさん聞かれています。

改めてもう一度見に行きたくなりますね!

タイトルとURLをコピーしました