24時間テレビのギャラ寄付した芸能人は誰?総額いくらで拒否した芸能人も紹介!

24時間テレビ ギャラ 寄付 エンタメニュース
Pocket

24時間テレビが今年も放送されますが、毎年話題になるのがギャラ問題。

 

チャリティー番組と謳っているにも関わらず、なぜギャラが発生するのかという声が非常に多く聞かれます。

 

また、高額なギャラを受け取っていると思われますが、その中から寄付した芸能人もいるのか?気になる人もいるのではないでしょうか。

 

現に「24時間テレビ ギャラ 寄付」で検索してる方が多いようです。

 

そうなると総額いくらかも気になりますが、ギャラを拒否した芸能人もいるのでしょうか?

 

そこで「24時間テレビのギャラ寄付した芸能人は誰?総額いくらで拒否した芸能人も紹介!」と題して調査してみました。

 

24時間テレビのギャラ総額いくら?

 

24時間テレビで、出演者それぞれに払われているであろうギャラについて調査してみました。

 

公式からの発表ではないものの、数々のニュースサイトなどで報道されているので、恐らく近い金額なのではと推察されます。

 

  • メインパーソナリティ:1000万円
  • パーソナリティ:500万円
  • マラソン走者:1000万円
  • アナウンサー(司会):500万円
  • サライを歌うお2人:1人200万円
  • その他出演者:10~100万円ほど

 

メインパーソナリティについては、一人当たりの金額だと言われています。

 

なので、今年のメインパーソナリティはキンプリの5人。

 

つまりメインパーソナリティだけで総額5000万!

 

すごっ!余裕で家が建つじゃん!

 

なおマラソンについては、2018年までは一人で約100キロほど走っていた時の金額だと言われています。

 

その間の練習期間や、ケガをしたときの保険もかねて、この金額なのだとか。

 

とはいえ2019年からリレー方式となっており、数人で走るスタイルに変更しています。

 

今年は10人で100キロを走る予定なので、そう考えると一人当たり100万?になるのでしょうか。

 

すでに予算が割り当てられているでしょうし、マラソンにかける金額はコレ!と決まってることでしょう。

 

なので一人当たり100万になる気がします(あくまで推測ですが)

 

10キロを走って100万を受け取るか、100キロをはしって1000万うけとるか・・・・

 

人によって考え方は違うでしょうが、個人的には10キロ走って100万のほうがいいです笑。

 

サライを歌う二人も、出演者の中では、かなり割がいいギャラだなと感じます。

 

ちょっと歌って200万って、一番割りがいいのでは?^^;

 

メインパーソナリティについては、ロケなども多数組まれてますし、準備期間が相当のものでしょう。

 

その拘束時間を考えると、ギャラがある程度高いのは理解できるかなと思います(それにしても高いですが)

 

そこから総額を計算してみました。

 

  • パーソナリティ:2人  合計1000万円
  • メインパーソナリティー:5人 合計5000万円
  • マラソンランナー:10人  合計1000万円
  • アナウンサー: 2人 合計1000万円
  • その他出演者: 少なく見積もって100人 50万として 合計5000万円

 

出演者だけで、軽く見積もって1億3000万はギャラが発生していると考えられます。

 

24時間テレビのギャラどこから出る?

 

では、24時間テレビの出演者のギャラはどこから払われているのでしょうか?

 

もしかしたら寄付金から払われてる・・・なんてことないよね??

 

中には一般の寄付金から出演者にギャラが支払われてるのではないかと心配する方もいるかもしれません。

 

ですが、寄付金から支払われている可能性は極めて低く、寄付金はあくまで寄付金として使われています。

 

主に福祉車両や子供の貧困支援、また災害復興支援にも広く使われているよう。

 

調査したところ収支が載っている決算報告書がありましたので、問題ないかと思われます。

 

では出演者のギャラはどこから払われてるのか?調査したところ、やはりスポンサー料でした。

 

CM収入が22憶ほど発生していると言われており、番組制作費が4億2000万、ギャラが少なくとも1億3000万。

 

かなり巨額の収益が発生しているといえるでしょう。

 

全額寄付に回せとは言わないまでも、チャリティーと銘打っているのであれば寄付すべきでは?と感じる人も多いようです。

 

個人的には24時間もやるから巨額の経費・人件費などが発生する訳で、いっそ24時間やらなければいいんでは?とは思います。

 

昨今の働き方改革になぞらえて、もっと簡単・明瞭・短時間にしてしまってもいいのでは?

 

24時間も拘束されるから、無給だとナンセンスに感じる訳で、いっそ数時間なら無給でもそこまで惜しくないでしょう。

 

24時間テレビがあるからこそ、寄付やチャリティーに対して意識づけられるので、24時間テレビ自体が全くの無意味とは正直なところ思いません。

 

ですがチャリティーと銘打っているからには、何も巨額の製作費・人件費を使う必要があるのか?

 

だったら24時間じゃなくてもいいのでは?と正直なところ思います。

 

24時間テレビのギャラ寄付した芸能人は誰?

 

そんな中、チャリティーなんだから寄付しないとおかしいでしょう、と言ってギャラを寄付した芸能人もいらっしゃいます。

 

もしかしたら他にもいるかもしれませんが、その中でも有名な3人について紹介します。

 

萩本欽一

萩本欽一さんは、初代24時間テレビの総合司会を務めました。

 

出演に際し、萩本欽一さんはギャラが安いと何度もオファーを断ったそうです。

 

そういったやり取りが何度もあり、もうこれ以上は上げられないと言われて、やっと快諾したと言われています。

 

それだけだったら、本当にただの嫌な人ですが・・・苦笑。

 

そして快諾すると同時に「じゃぁそのギャラを全額寄付に回してくれ」と自ら申し出たそうです。

 

欽ちゃんカッコよすぎでしょう!

 

自分のギャラを最大限まで引き上げたうえでの、全額寄付!

 

その当時のギャラが1億と言われてますが、かっこよすぎますよね!

 

YOSHIKI

Ⅹ JAPANのYOSHIKIさんは2018年の24時間テレビに出演されてますが、ノーギャラで出演したことを自身で明かしています。

 

なおかつ番組出演中に300万円の寄付をし、盲目の少年との生セッションを行い、感動の声が広がりました。

 

東日本大震災や熊本自身、台風被害が発生したときの支援など、普段から積極的に支援活動をしているYOSHIKIさん。

 

さらりとしてのける姿が本当にかっこいいですよね^^

 

木村佳乃

木村佳乃さんも2018年の24時間テレビで総合司会を務めてましたが、オファーを受けた当時からノーギャラを申し出ていたそうです。

 

「これまでも半分程度や何割かを寄付する出演者は多かったですが、もし全額となると、萩本欽一さん以来のことになりそうです。もともと木村さんは東日本大震災の際に、チャリティー握手会の発起人となったり、募金を集めたりと、福祉活動に積極的な女優として知られています。さまざまな業界の便宜を図るため、ギャラをそのまま寄付するのではなく、ギャラと同額の寄付金をポケットマネーから出す形になりそうです。どの程度を寄付するのか注目が集まりますよ」(芸能関係者)

(引用元:exciteニュース)

 

この記事から全額寄付したと思われます。

 

そして他の出演者への便宜を図るため、いったんはギャラを受け取るものの、同額をポケットマネーから出す配慮も素晴らしいですね。

 

24時間テレビのギャラ拒否した芸能人は誰?

 

逆に24時間テレビの出演を拒否している芸能人は誰なのでしょうか?

 

調べてみると、納得の理由が色々と挙げられていました。

 

ビートたけし

ビートたけしさんは、24時間テレビなんて偽善番組だと痛烈に非難しています。

 

チャリティーと謳っているにも拘らず出演者にギャラが発生するという矛盾に嫌悪感を示しているとか。

 

自身のラジオ番組でも、「出るなら出演者全員ノーギャラにすべき」「あんな偽善番組は大嫌い」と、発言していることが有名となっています。

 

ビートたけしさんらしいような気もしますね。

 

明石家さんま

明石家さんまさんは2013年に24時間テレビのオファーを受けたそうです。

 

その際に「ギャラを全部寄付に回してほしい」と申し出るも、他の出演者の手前、そういう訳にはいかないと番組側に拒否されたとか。

 

それ以来、出演のオファーを断っているそうですね。

 

2018年の木村佳乃さんの時は承諾して、2013年の明石家さんまさんのときは承諾してないのも変な話ですが・・・。

 

局の考え方が、2013年~2018年の間に変わったのかもしれないですね。

 

所ジョージ

所ジョージさんについては、出演しない理由について詳細が分かっていませんが、恐らく同じような理由なのではないでしょうか?

 

所さんは愛妻家として有名なので、そんな24時間も働けないと断ってそうな気もしますが^^;

 

詳細が分かり次第、追って追記します。

 

まとめ

 

「24時間テレビのギャラ寄付した芸能人は誰?総額いくらで拒否した芸能人も紹介!」と題して調査してみました。

 

ギャラ問題は非常にいつも話題になっていますが、チャリティーなのにギャラが発生することに違和感を感じるのも無理はないかもしれません。

 

いっそ24時間もやる意味があるのか?という気はしないこともないです。

 

今後の社会の流れを鑑みて、何か変わるかもしれませんね。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました